『わたしは、ダニエル・ブレイク』 (英国の緊縮財政・福祉・貧困・格差)


映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』公式サイト

『ニューズウィーク日本版』の記事ばかりなので、他も読んでみなければならないが。

英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』 | 大場正明 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


2017年03月18日(土)12時30分

ケン・ローチ監督が引退宣言を撤回して作り上げ、カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『わたしは、ダニエル・ブレイク』には、イギリス政府の緊縮財政政策に対する痛烈な批判が込められている。

2010年に誕生したキャメロン政権は、財政赤字削減の公約を実行するために福祉予算などを大幅に削減し、貧困層の生活状況がより悪化することになった。
(略)
筆者は、この冒頭のエピソードを観て、これまで疑問に思っていたことがよく理解できた。イギリスでは、緊縮財政の実施後に信じられないような出来事が起こっている。たとえば、2013年にあったリンダ・ウートンという49歳の女性の悲劇だ。80年代に心臓と肺の移植を受けた彼女は、高血圧や腎不全などで10種類の薬を必要とする状態だった。ところが、入院先の病院で命も危ういというときに、就労可能、手当中止の通知が届けられ、彼女はその9日後に死亡した。

要するにこの審査では、個々の対象者の病状などは考慮されず、一方的な質問の答えだけで採点が行われ、就労可能かどうかが判定される。
(略)

英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』 | 大場正明 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


(略)

【参考記事】財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

実直な人間を貶め、疲弊させ、尊厳を奪うシステム


長年コンビを組むローチと脚本家のポール・ラヴァティは、リサーチをもとに主人公たちの人物像を作り上げた。筆者が目にしたいくつかの記事によれば、住宅手当の削減や家賃の高騰によって3年間に5万世帯もの家族がロンドンを追われ緊縮財政が実施される以前には4万人だったフードバンクの利用者が現在では110万人にまで膨れ上がっているという。

この映画で浮き彫りにされるシステムは、弱者をただ冷酷に切り捨てるよりもはるかにたちが悪い。ダニエルのような実直な人間を貶め、とことん疲弊させ、尊厳を奪う。貧しいことは罪であり、罰せられるという価値観を無理やり押しつける働きたくてもそうできないことを、働こうとしないことと巧妙にすり替え、その責任をとらせようとする。

国が存続していくうえで、財政の健全化は間違いなく重要な課題ではあるが、そのために本当に困っている市民に救いの手を差しのべないばかりか、平気で尊厳まで踏みにじるのであれば、すでに国として崩壊しているというべきだろう。

『わたしは、ダニエル・ブレイク』予告編 3/18(土)公開 - YouTube
(※後半に動画掲載)
○『わたしは、ダニエル・ブレイク』
公開:3月18日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

Read More

スポンサーサイト

ある英国人の「立憲君主制」擁護論/階級闘争

注釈をつけたい、もしくはツツコミを入れたい部分も幾つかあるが、とりあへず全文転載。
また、この記事内では言及されてゐないが、ダイアナ妃関連の記事を読むと、アメリカにもダイアナ妃のファンが多いのは、「王室」がない国の国民だからこその憧れを抱いてゐる人も多いためだといふ説も散見されるわけだが。

トランプ勝利で実感するイギリス君主制の良さ | コリン・ジョイス | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


2016年11月18日(金)16時00分

トランプ勝利に抗議してロンドンのアメリカ大使館前に集まった人たち

<エリザベス女王を国家の象徴とするイギリス政治はこれまで「古くさい」と言われてきたが、アメリカ大統領選でトランプが勝利したのを見れば、あらためてその利点が見えてくる>(写真:トランプ勝利に抗議してロンドンのアメリカ大使館前に集まった人たち)

 僕がアメリカで暮らしていたとき、アメリカ人たちは時々、僕が「君主制の国」から来たことをからかった。彼らはアメリカという国の「市民」だが、イギリス人は「女王の服従者」だと言って僕をイラッとさせようとするやつらもいた

 彼らが言いたかったのは、君主制は過去の時代の愚かな遺物であり、イギリスは共和制国家よりも民主主義のレベルが低く、自由度も劣るというわけだ。

 彼らの見方もある程度は理解できる。もしも僕が国を一から作り上げるとしたら、究極の特権階級の家族を1つ据えて、彼らに多くの城と宮殿を与え、彼らを国民の税金で支え、生まれた第1子を国家元首にしよう......などとは決して思わないだろう。そんな考えはばかげて見える。

 でも概して、イギリスの立憲君主制はうまくいっているようだ。だから僕はおずおずとながら、君主制擁護派になっていた。この考えには良心の呵責もあるが、僕は消極的ながらも君主制主義者であると認めざるを得ないだろう。もしも君主制をやめるとなれば大混乱が巻き起こるだろうし、長い伝統に背くことになるし、その結果が必ずしもよいものになるとはかぎらない。

 君主が物知り顔で権力を行使し、行き詰った局面を一気に打開したことも何度かあるし(1921年には英政府とアイルランド反政府勢力との和平協議を後押しした)、憲法上の危機を解決するために介入したこともあった(1910年には貴族院が予算案を否決するのを阻止した)。大まかにいえば、僕は「壊れない限り、修理する必要なし」との考え方で、君主制に賛成している。

 米大統領選の一部始終を見ていると、僕はそれでも立憲君主制の長所をまだまだ甘く見ていたと痛感させられる政治の外側にいる人物を国家元首に持つということには、とても便利な側面があるのだ
(後半に続く)

Read More

西から昇つた おひさまが 東へ沈む

タイトルの参考記事:太陽が昇る方角の覚え方 - NAVER まとめ

スターリン・岡田真澄

ソ連時代の映画やアニメもどことなくノスタルジックでいいな~と思ひながら観始めたら、浅間山荘事件のモンケン(鉄球)みたいなのが出てきたことだよ。
その上、安倍ドリルにも当て嵌まりさうな冒頭の歌の歌詞ではある。

2009/04/09 に公開
ロシア・アヴァンギャルドからプロパガンダへ!ソヴィエト・ドキュメンタリー映画の始祖ジガ・ヴェルトフによるソ連最初期のアニメや、ロシア未来派の雄マヤコフスキーに捧げるコラージュ・ワークなど、カテゴライズ不能なソヴィエト短編アニメーションの数々。5月下旬より渋谷UPLINK Xにて革命的ロードショー!
映画:ロシア革命アニメーション公式サイト

共謀罪 - Wikipedia

共謀罪の狙いはテロ対策ではない! スノーデンの警告に耳を傾けよ(小笠原 みどり) | 現代ビジネス | 講談社

ご存じですか?アメリカでは「共謀罪」はこんな風に使われている(竹内 明) | 現代ビジネス | 講談社

#共謀罪 - Twitter検索

地球の東側を目指して脇目もふらず邁進してゐたら、いつの間にか(出発地点からみれば)西側だつた地域に到達してゐた。
…みたいな話で、日本の右翼や右派や自称保守派は自分達が嫌悪もしくは批判してゐる左翼の(元)理想の国に辿り着いてしまつたらしい。
(スターリン「も」粛清しやすくするために憲法を変へたしね。)

ソ連の歴史4=スターリンの大粛清 FC2 Video – YouTube

とはいへ、昔から「ネトウヨの理想の国は北朝鮮」と揶揄されてゐたので今更驚かないが。

ドキュメント北朝鮮①個人崇拝への道(60min)(DPRK①)(조선민주주의인민공화국01) – YouTube

安倍首相も、ド左翼の(深層心理における)理想の政治家に近づきつつあるし。

教科書に安倍首相の写真が15枚も! 政権お墨付き育鵬社の“歴史修正、改憲誘導“教科書が公立中学で採択続々 - ライブドアニュース
(2015年の記事だけど・後半に全文転載)

やはり「言つてることより、やつてること」が大事だね。
建前より本音だよ~。

Read More

No scrub~Такого как Путин(I want a man like Putin)

Putin flirt President Xi's wife Peng Liyuan at APEC
(因みに右端に安倍夫妻)

今の私の気分。

昔の空耳 その0300 - YouTube
ウィスパリング・プラヤ by TLC (1:10~)

TLC - No Scrubs - YouTube

TLC Lyrics - No Scrubs

TLC – No Scrubs Lyrics | Genius Lyrics

オレンジのR+ // NO SCRUBS by. TLC の和訳

No Scrubs / ノー・スクラブス (TLC)1999 - 洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS

Read More

逃げるは恥だが何とやら (続・「荒らし」の分析と対処法につゐて)


火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』|TBSテレビ』は観たことがないが、タイトルは一理ある場合もある、といふことで、「「荒らし」の分析と対処法につゐて」の続編。

以下に転載する「犯人たちの動機と言動」は、他の時事問題、政治に関する掲示板やブログのコメント欄等々のトラブル、Web上での言動が明らかに常軌を逸してゐる点では同じニンゲンにも応用できる事例だよね。
一見、政治や正義の話をしてゐるやうで、実質さうでないニンゲン、簡単にいふと「単なる憂さ晴らし」「八つ当たり」、しかしてゐないニンゲン、または何らかの「私怨」をはらすためにさうしてゐるニンゲンが本当に多いと思ふ。
(その程度のニンゲンが、いくら偉さうに政治やら何やらを考へたり語つてみたりしたところで、世の中がよくなるわけがないのだが。)
だから、他者が態々さういふニンゲンのサンドバッグになる義務も必要も断じてナイわけで。
(職場その他の現実生活に於ける人間関係でも、本音を探れば、ものすごく幼稚かつ感情的な事由で他人の足を引つ張たり、仕事の邪魔をしてくる奴つてゐるよね。全体的に見れば職場の仕事の効率を下げることしか出来ない奴や「屁理屈」ではない簡単な「理屈」が通用しない思考その他が歪み切つた頭のをかしいニンゲンがゐると、さつさと仕事を終はらせたい人間にとつては実に迷惑だから、皆で無視できたらいいんだけど、正直言つて相手にする「善人」がゐるから余計にややこしくなる、と。)

スマイリーキクチ中傷被害事件 - Wikipedia


犯人たちの動機と言動


中傷犯たちは、取り調べの当初いずれも容疑を否認していたが、警察から契約しているプロバイダ名、投稿時刻、コメント内容などの証拠を突きつけられると、多くの犯人はようやく自分の容疑を認めたものの、何人かは辻褄が合わなくなるまで友人や同僚・知人のせいにするなどして容疑を免れようとした[50]。

噂を信じていなかったが面白半分で中傷コメントを書いた1人を除き、犯人のほとんどはネット上で流布されていたコンクリ事件関与説を信じていた(前述の北芝の本を根拠としていたのは8人)。警察は彼らに対し「キクチ氏とコンクリ事件は無関係で、ネット上のキクチ犯人説は事実無根」と知らせた上で、「キクチ氏とコンクリ事件は無関係」とする北芝の事務所と河出書房からの回答も見せた[57]。すると、中傷犯たちは「ネットに騙された」、「本に騙された」と責任をなすりつけ、「仕事、人間関係など私生活で辛いことがありムシャクシャしていた」、「離婚して辛かった。キクチはただ中傷されただけで、自分のほうが辛い」、「他の人は何度もやっているのに、なぜ一度しかやっていない自分が捕まるのか」と被害者意識をあらわにした[50][58]。ある犯人は「言論の自由」を主張したが、刑事たちから「表現の自由なら自分の名前が書かれてもよいのか」と問いただされると、「キクチは芸能人だから書かれてもよいが、自分は一般人で将来もあるから嫌だ」と発言した[50]。

キクチは、中傷犯への取り調べの様子を担当刑事から聞かされる中で、犯人たちが「『情報の仕分け』『考える力』『情報発信者を疑う能力』の3つが欠如している」、「他人の言葉に責任を押し付ける」、「自分の言葉には責任を持たない」などの共通点があるという感想を抱いた[59]。なお、警察から取り調べを受ける中で、何人かは自分が起こした中傷や脅迫を反省し、キクチへの謝罪を申し出たが[60]、実際にキクチの所属事務所へ本人宛ての謝罪文を送った者はいなかった[61]。キクチは当初は犯人たちの謝罪を受け入れるつもりだったものの、結局果たされなかったことからその謝罪意思が結局は「その場しのぎの反省」に過ぎず、中傷犯についても「匿名でさんざん中傷や脅迫をしておきながら、刑罰を逃れるために『謝罪する』と平然と嘘をつく人間」だという印象を持つようになった[62]。

Read More

プロフィール

pinella

Author:pinella
日本人はつらいよ
(ほぼ独習用ブログなのでコメントは受け付けてをりません。)

【読み方】
essere(えっせれ)
pinella(ぴねっら)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

安倍政権 安倍晋三 アメリカ TPP 新自由主義 音楽 戦争 ネトウヨ 韓国 原発 日本 災害 イタリア ロシア 中国 皇室 安全保障 歴史認識 陰謀論 自民党 沖縄 TPA 統一協会 憲法 破壊的カルト TV グローバリズム 地震 放射能 書籍 所感 EU 選挙 難民 天皇 UC 慰安婦問題 経済 ドイツ 左翼 映画 歴史 サッカー 世界遺産 神道 岸信介 支持率 青山繁晴 日本会議 アベノミクス 改憲 フランス 五輪 保守 福島 原爆 洋楽 70年談話 TTIP 政治 シリア 国際 マスメディア 天皇・皇室 大阪都構想 民主主義 愛国 右翼 国連 事故 80年代洋楽 キリスト教 世耕弘成 共産党 差別 生長の家 移民 言語 三橋貴明 共産主義 愛国心 橋下徹 軍事 慰安婦 経団連 安保法制 英語 FTA 山本太郎 事件 原子力 心理学 格差 村山談話 谷山雄二朗 ポツダム宣言 北朝鮮 プロパガンダ EPA 三島由紀夫 大東亜戦争 櫻井よしこ 構造改革 法律 ソ連 領土 震災 国際勝共連合 宗教 竹中平蔵 パリ同時多発テロ 2ch 革命 なでしこジャパン マスコミ 集団的自衛権 麻生太郎 洗脳 FIFA シルバーデモクラシー 河野談話 教育 ナチスドイツ 稲田朋美 東京五輪 連合赤軍 広島 発達障害 RCEP 内田聖子 戦後レジーム USA 佐藤栄作 中東 テロ 語学 社会主義 David UK フルベッキ写真 勝海舟 東京裁判 在日 アニメーション 手塚治虫 南スーダン 女子W杯 明治天皇 AIIB 民主党 国家 被曝 統一教会 荒らし Donald 長崎 Bowie バラマキ外交 ショック・ドクトリン 百田尚樹 マイケル・ヨン 漫画 デモ 国家戦略特区 浅田真央 縄文 岡本太郎 小泉純一郎 サイコパス NATO 動画 NHK 嫌韓 フィギュアスケート 山崎雅弘 精神疾患 鈴木邦男 神話 Fagen 石破茂 福祉 J-POP 人権 遭難 ユダヤ マインドコントロール 幸福の科学 FTAAP 戦後70年談話 歴史的仮名遣 WJFプロジェクト 哲学 米軍基地 CM 日本語 TiSA 反日 勝共連合 言論 報道 台湾 増税 精神分析学 ジャパンハンドラーズ 白洲次郎 貧困 米韓FTA 美輪明宏 ベトナム ヒトラー 1984年 禅語 昭和天皇 ISIL 強行採決 論語 ISIS 国際化 確証バイアス 基地問題 西部邁 池上彰 ジャパン・ハンドラーズ 北朝鮮拉致問題 IMF ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ 苫米地英人 親米保守 森田実 バラマキ イスラム国 イラク パクリ 甘利明 WTO 豪州 大学 領土問題 電通 APEC 偏差値 火災 スターバックス すなば珈琲 鳥取県 ミャンマー 伊勢神宮 出雲大社 松原みき 国語改革 旧仮名遣 プーチン 芸術 移民政策 ニュージーランド 柳条湖事件 満州事変 野次 阿比留瑠比 まとめ 市民団体 辻元清美 特定アジア 郷土愛 リベラルアーツ JAPAN アート 美術 政教分離 Fears 共依存 Tears For 池田信夫 ボンボニエール ナルシスト サディスト 道州制 バラク・オバマ GMO 天皇制 内田達樹 スマイリーキクチ ユング ナチス・ドイツ ゲッベルス 世阿弥 精神分析 スノーデン 兵庫県知事選 都議選 極東国際軍事裁判 サイバー攻撃 トロール パラオ 慰霊 遺骨収集 心理 松居一代 日本国憲法 英国 露西亜 日本共産党 唯物論 愛国者 グローバルスタンダード Private TEST Music Opera Pavarotti 米国 唯物史観 片山さつき スターリン ブサヨ プーチン大統領 経済格差 岡田真澄 階級闘争 立憲君主制 英国王室 神楽 サンフランシスコ平和条約 加計学園 ヒーリング 雷鳴 癒し 生活保護 G. 雨音 環境音 加藤談話 クマラスワミ報告書  I. 愚民化 芦部信喜 クラシック 日本人 OECD RSEP マタイ受難曲 バッハ 萩生田光一 戦犯 志位和夫 J.S.Bach グルジエフ 催眠 Queen アラブの春 フェイクニュース 回天特別攻撃隊 カバラ ASローマ トッティ 共謀罪 維新の党 オペラ 引退 イスラム マイケル・グリーン 外国人労働者 移民受け入れ 外国人技能実習制度 産業競争力会議 国民投票 エニアグラム ムスリム バカ 漢文 山崎行太郎 ASEAN MERS カヒミ・カリィ ネトウヨ心理学 ミラノ万博 紫舟 環境省 警察 佐野研二郎 エノケン The Police Sting 除染 スイス 和田秀樹 SADE 鳩山由紀夫 大平正芳 公明党 創価学会  公用語 マイナンバー 原子爆弾 犯罪 九州電力 河野洋平 宮内庁 佐藤優 全国戦没者追悼式 村山富市 w杯 二日市保養所 ネトサポ GODIEGO 和田稔 御製 レジスタンス 安保法案 野田佳彦 特攻 芙蓉部隊 地方自治 横須賀 第二次世界大戦 日独伊三国軍事同盟 ムッソリーニ 公共放送 ハンガリー 遊郭 昭和 思想 スティグリッツ クルーグマン 明治 DNA 祝祭日 スポーツ 聖書 時代劇 国歌 JR JAL 日本財団 ハンセン病 売国 永住権 国境なき記者団 半藤一利 労働組合 文化 熊本城 司馬遼太郎 水俣病 公害 W杯 北島康介 もんじゅ カトリック 冷戦 フィリピン 小泉政権 エネルギー 雅楽 サミット バチカン トルコ 古事記 大河ドラマ 仏教 ギリシャ神話 着物 マンガ サヨク DV ハーグ条約 補正予算 宗像直子 相沢英之 岩田規久男 東谷暁 中原圭介 内田樹 白井聡 カヒミ・カリイ パソナ 世界文化遺産 世界日報 ヒラリー・クリントン 労働者派遣法  佛教 日韓基本条約 主権者教育 改正公職選挙法 美空ひばり 田勢康弘 女性 労働者派遣法改正案 オウム ヒトラー・ユーゲント 労働 朴槿恵 アジア ソクラテス 自衛隊 ウィキリークス ナオミ・クライン 三田工業 阿川泰子 ドヤ街 UEFAチャンピオンズリーグ ローマ 西成 吉水神社 カーディガンズ 年金 絶望国家法案 労働者派遣法改悪 在特会 ブータン王国 ボサノヴァ 日本国憲法無効論 武士道 新渡戸稲造 特撮 女子W杯2015 オランダ 小林節 野球 万博 コスモポリタン 古賀茂明 ギリシャ 佐藤地 緊縮財政 植民地 アスペルガー症候群 グローバリスム 文化大革命  ソニー ホンダ 玉音放送 天使 魔術 ロック TLC 競馬 悪魔 外務省 外患誘致罪 トクマ 田村耕太郎 CETA ノン・デュアリティ 在韓米軍 日砂恵ケネディ 國母和宏 病気 スコッツボローガールズ 報道規制 藤井聡 植村隆 小野リサ ゴルゴ13 ユダヤ人 タコのパウル 差別問題 マイク・ホンダ 侵略 官製相場 内部留保 高村正彦 消費税 

RSS

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンク