池上彰の2017年 世界を見に行く

池上彰の2017年 世界を見に行く

池上彰の報道特番|テレビ東京

2017年1月3日(火)夕方6時~夜8時54分
キャスター
池上彰、相内優香(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト
峰竜太、宮崎美子、パックン、小島瑠璃子

2017年の世界はどこへ向かうのか?池上彰が2017年の世界ニュースを予測。仕事始めを翌日に控え、スタートダッシュをかけたいビジネスパーソンたちの問いかけに池上彰が答えます!

2017年の世界はどこへ向かうのか?池上彰が2017年の世界ニュースを予測。


◇トランプ大統領のアメリカ
2016年の10月から11月にかけてアメリカ中を取材して歩いた池上ならではの解説をお伝えいたします。

◇日露首脳交渉で領土問題は…
2016年12月、日露首脳会談が山口県で開かれましたが、領土問題に進展はあったのか、今後日露はどこへ向かうのか?

などの注目点をスタジオで池上が特製模型を駆使して解説します。
そして、池上取材で描くのは・・・

◇欧州をさまようシリア難民
シリアを逃れた難民が欧州を目指し、運が良ければ辿り着くことが出来ます。数は増えるばかりですが欧州では難民受け入れが難しくなっています。こうした中、池上彰はシリアのある夫婦の苦難の旅に注目しました。車と家財道具を売り払って着の身着のままでシリアを抜け出した夫婦は途中で夫婦は離れ離れに…難民を欧州へ送り出す斡旋屋になけなしの金を奪われました。池上はこの夫婦と接触、コペンハーゲンでインタビューを試みます。そして池上が向かうのはハンガリーとセルビアの国境線です。激しい内戦が続くシリアを逃れた難民たちは西ヨーロッパのドイツやフランス、イギリスを目指します。難民たちはシリアを逃れて、トルコ、ギリシャ、セルビア、ハンガリーを経由してドイツに向かいます。こうした道をバルカンルートと呼びます。池上は12月初旬バルカンルートで冬を迎える厳しい境遇の難民たちを取材します。

◇テロリストは誘拐犯
中東のテロリストは今や金目当ての誘拐を行う単なる犯罪者です。ジャーナリストやボランティアの人々を誘拐しては政府から身代金を収奪します。うまくいかないときは殺害します。池上彰はこうした誘拐犯と政府の間で調整役となる交渉人を取材します。ヨーロッパのある街が舞台。彼の口からいったいどんな新事実が明らかになるのか?

◇日本のエネルギー事情が変わる!?
池上彰のパナマ運河取材です。パナマ運河の幅が拡張されました。その結果、アメリカ東海岸のシェールガスを搭載したLGPガスのタンカーがパナマ運河を通って太平洋を越えて日本へやってきます。本格的には2017年にスタートします。中東やロシアに頼ってきた日本のエネルギー事情が大きく変わり、何が起こるのか?日本のエネルギーの未来について池上が解説します。

Read More

スポンサーサイト

難民・移民とプロパガンダ

少女バナさんの父親とダーイシュ(IS)の結びつき

年末に観たNHKの番組。
これでわかった!世界のいま ▽テロ標的ドイツの衝撃 深まる欧州分裂の危機 - NHK

12月25日日曜 午後6時10分~ 午後6時42分

ベルリンのテロ事件が難民に寛容なドイツ社会に大きな衝撃を与えている。“難民の母”とも呼ばれるメルケル首相を批判する声も。欧州の排他的な動きはどこまで広がるのか

【キャスター】坂下千里子,井上裕貴

このやうな番組に期待するだけ虚しいとはいへ、もういい加減表面的、表層的、浅薄な感情論はやめて、難民・移民が発生する根本原因から掘り下げて頂きたいものである。
しかも、メルケル首相や難民受け入れを美化しすぎ。
これも紹介してゐなかつたし。
「多文化主義は完全に失敗」 メルケル - Google 検索

また「排他的」とばかり表現されるけれども、ものには限度があるわけだし、これは一種の「自衛の動き」でもあると思ふのだが如何(でも今更これつて、EUの人達の頭の構造も何だかよくわかんないなあ)。

何よりも一番ダメだと思つたのは、前項

essere | プーチン大統領新年の挨拶

でも補足記事とともにリンクした記事で取り上げられてゐる怪しい少女のツイッターを「気の毒な子供の話」として紹介してゐたこと(番組放送前から話題になつてゐたことなのに)。
父親も死んでゐないどころか、これだもの

ソーシャルネットワークユーザーら、少女バナさんの父親とダーイシュ(IS)の結びつきを発見

「アレッポの少女バナ」:実在の人物か、それとも誰かのメディア・プロパガンダか?【写真】

Read More

プーチン大統領新年の挨拶

Read More

新年一般参賀・年頭所感のとりやめ

icon-日の丸

皇居で新年一般参賀 | NHKニュース

1月2日 16時02分

2日、皇居で一般参賀が行われ、10万人近くが訪れました。天皇陛下は「わが国と世界の人々の平安を祈ります」とあいさつされました。

2日の東京は青空が広がる穏やかな天気となり、午前9時半に皇居の正門が開くと、待っていた1万1000人余りが二重橋を通って宮殿の前に向かいました。

天皇皇后両陛下は、皇太子ご夫妻など皇族方とともに、午前中3回、宮殿のベランダに立ち、訪れた人たちに笑顔で手を振って応えられました。

去年、三笠宮さまが亡くなり、喪に服している三笠宮妃の百合子さまなどは出席されませんでした。

天皇陛下は「新年おめでとう。皆さんとともに、この日を祝うことをまことに喜ばしく思います。本年が人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるよう願っています。年頭にあたり、わが国と世界の人々の平安を祈ります」とあいさつされました。

天皇ご一家は、午後も2回、宮殿のベランダに立たれ、1日で平成に入って2番目に多い10万人近くが皇居を訪れて新年を祝いました。

宮内庁は「天皇陛下が去年、お気持ちを表明された影響もあったと見られる」としています。

訪れた人は

皇居を訪れた神奈川県の26歳の女性は「これまでは皇室に対して特別な思いはありませんでしたが、去年、天皇陛下がお気持ちを表明され、ことしは感謝の気持ちと、お元気でいてほしいという思いで来ました。すてきな姿を拝見できてうれしいです」と話していました。

兵庫県の61歳の男性は「天皇陛下がお元気そうにされていて、私もよい正月を迎えられました。陛下は大変な公務がめじろ押しなので、ゆっくりされてほしいです」と話していました。

大阪の32歳の女性は「皇居ではたくさんの人たちが『天皇陛下』と声を上げていて、皆が天皇陛下のことを思っているんだと感じました。天皇陛下には長く続けていただきたいという思いもありますが、私たちが立ち入ることではないのかなとも感じます」と話していました。

埼玉県の37歳の男性は初めて3人の子どもと訪れ、「自分自身、小学生の時は天皇陛下という方がいることをあまり知らなかったので、子どもたちには早いうちから実感を持ってほしいと思っています」と話していました。

Read More

謹賀新年

Beautiful woman with a pet - Chicken

旧年中は何かとお世話になり、有難うございました。
本年も宜しくお願ひ致します。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


テンプレートを新年仕様に変更したかつたけど、間に合はなかつたわ…。