TPP・TTIP/ロシア

先に海外記事。
EUはTTIPのために米国の前にひざまずことはしないー欧州委員会委員長

2016年10月14日 19:55(アップデート 2016年10月18日 05:24)

欧州

EUは大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)の締結のために米国の前にひざまずくつもりはない。木曜、欧州委員会のジャン=クロード・ユンカー委員長が述べた。

「交渉は行われているが、我々は米国の前にひざまずことはしない。欧州の成功を支えてきた原理をすべて放棄するようなことはしない」。ベルガ通信が伝えた。

TTIPについてEUは米国と2013年7月から交渉を行っている。米国の計画ではオバマ大統領の任期が切れる今年11月までに交渉を締結することになっていた。

米国は交渉妥結への意欲を捨てていないが、EU側はこの目標は不可能であると公式声明で言っている。 欧州ではエコロジー、法と雇用の分野における標準が侵害されるとの懸念からTTIPに対して多数の抗議が行われている。


TTIP、米国に利益になるようにEUの法制を修正し始める

CETAはまた今度。
EU-Canada Comprehensive Economic and Trade Agreement (CETA) - Trade - European Commission


英紙:EUはシリア情勢を理由にロシアに制裁を課す米の決定を支持しない

EUサミット、シリアを理由とする対ロシア制裁は採択せず

EU対露制裁は不成立、マスコミが明かすイタリアの役どころ

プーチン大統領「どうして米国の利益に奉仕するのか理解できない」
TPPで日米経済はマイナス成長、12カ国で77万の雇用喪失!?経済成長と雇用創出をぶち上げた 日本政府のデタラメ試算は「衝撃的」と、経済学者ジョモ・K・スンダラム氏が警鐘! | IWJ Independent Web Journal

記事公開日:2016.6.3地域:東京都 テキスト 動画
(取材・太田美智子、テキストスタッフ・関根かんじ、記事構成・岩上安身)
——————————————-
IWJはTPPに反対します!
公共性に鑑み11月4日までフル公開します。ぜひ拡散して下さい。
——————————————-
特集 TPP問題
※6月19日テキストを追加しました!

「TPPは、貿易自由化によって経済成長を促すための協定ではない。人々を犠牲にして、ごく一部の大企業の利益を確保するためのものだ」――。

国連本部の経済社会局や国連食糧農業機関(FAO)などで事務局次長を務めた経済学者で、米タフツ大学グローバル開発・環境研究所によるTPP影響評価報告書を2016年2月にまとめたジョモ・K・スンダラム氏は、5月30日、アジア太平洋資料センター(PARC)主催の講演会「TPP協定は人々を“豊か”にするのか?」と、それに先立つ記者会見で、TPPの危険性を訴えた。

スンダラム氏は「人々が、現在そして未来における自らの利益を守ることができるよう、TPPの真の姿を知ってもらいたい」と、来日した理由を説明した。また、日本政府が明らかにした「TPPによってGDPは2.6%増、新たに80万人の雇用が創出される」との試算は、「TPPを推進する各国試算の根拠となった米国の政府寄りシンクタンクでさえ、たたき出すことのできなかった過大な数値」であり、「日本政府の試算を知って衝撃を受けた」と話した。

*ジョモ・K・スンダラム氏略歴(Jomo Kwame Sundaram)/1952年マレーシア生まれ。経済学者。イェール大学、 ハーバード大学卒業。2005年~2012年、国連経済社会局の経済開発部事務局次長。2012年、国連食糧農業機関(FAO)の経済・社会開発局事務局次長。国際開発経済連合(IDEAs)の創設者で国連社会開発研究所の理事。2007年、ワシリー・レオンチェフ賞受賞。(PARCホームページより。)

タフツ大学TPP影響評価報告書は、スンダラム氏が国連在職中に共同調査、研究を行ったものである。

記事目次
  • TPPによる経済成長や雇用創出は、非現実的な前提をもとにした試算の結果だった!その前提をなくせば、日米の経済成長はマイナスに転落し、全参加国で77万人の雇用が失われる!!
  • TPPで食料の質は低下し、国民の健康が損なわれ、医薬品価格は高騰する!?
  • クリントン氏とトランプ氏のどちらが大統領になってもTPPに賛成する!? 米国では雇用の喪失と賃金低下が懸念され、今は反対しているだけ
  • TPP、本当に日本は被害者なのか? 環境面から見れば、日本の漁業と農業が悪者にも!?

TPPによる経済成長や雇用創出は、非現実的な前提をもとにした試算の結果だった!その前提をなくせば、日米の経済成長はマイナスに転落し、全参加国で77万人の雇用が失われる!!


スンダラム氏によると、TPPの経済効果に関するさまざまな楽観的な予測は、グローバリゼーションを推進する米シンクタンク「ピーターソン国際経済研究所(PIIE)」に端を発しているという。問題なのは、同研究所が、完全雇用、貿易収支、財政収支、国民所得の利益配分に変化がないことを前提とするモデルを使って試算していることだ。完全雇用の前提とは、「解雇されたすべての労働者が、ただちに費用もかからずに再雇用される」という仮定である。非現実的きわまりない。机上の妄想である。

ところが、このPIIEのモデルや数値が、「TPPの承認と批准を正当化するために、多くの国で広く引用されてきた」という。たしかに、TPPにおいて、農業をはじめ第一次産業従事者は失業するが、ただちに他の産業に転職するため、失業は出ない、ゼロである、というのが日本政府の予測でもある。スンダラム氏の指摘は、ずばり、正鵠を射ている。

問題は、こうして非現実的な想定にもとづく(失業率ゼロ)想定にもとづいても、同研究所による成長予測は2030年に0.5%増、すなわち15年間にわたって毎年約0.03%増という、ごくわずかな成長しか見込めていないことである。

スンダラム氏らは、比較を容易にするために、PIIEによるTPPの輸出への影響の推定値を採用する一方、前述の非現実的な前提は採用せず、国連グローバル政策モデルを用いてより現実的な評価を行った。その結果、①GDPは米国(TPP発効から10年後、0.54%減)と日本(同0.12%減)でマイナス成長、②他のTPP参加国でも成長はわずか(10年後、先進国でGDP増は1%未満、途上国でも3%未満)、③参加国全体で77万1000人の雇用喪失(米国だけで44万8000人)、④対GDPの労働分配率が減少し不平等が拡大、などの深刻な負の影響が明らかになった。

「貿易自由化の恩恵を受けるのは、歴史的経緯からこれまで米国との貿易に困難があったベトナムぐらいだ。その他の国々にとっては、恩恵があるとしても非常に小さい」

日本政府の「TPPにより我が国が新たな成長経路に移行した時点において、実質GDP水準は2.6%増、労働供給は約80万人増」という「脳内お花畑」妄想的な試算が、いかに現実的な予測からかけ離れているか、明かである。

TPPで食料の質は低下し、国民の健康が損なわれ、医薬品価格は高騰する!?


さらに、スンダラム氏は、TPPによって食料品の質が下がり、国民の健康が損なわれ、一方で医薬品の価格が高騰することを危惧した。ニュージーランド政府は、著作権(または医薬品の特許権)の延長による損失は、TPPによる利益の2倍以上になると試算しているという。

しかも、TPPによって、進出先の国のルールが自社にとって不利益だとみなせば、企業がその国の政府を訴えることができる、ISD条項の脅威もある。

これまでのISD条項による訴えでは、タバコ企業以外は、すべて企業側が勝訴している。たとえば、発がん性のある除草剤の使用をマレーシア政府が禁止すれば、除草剤のメーカーはその規制によって利益が損なわれたとして、マレーシア政府を訴えることができる」。

また、米農務省が数カ月前、家畜や養殖魚などに推奨量の4倍もの抗生物質が使用されていると発表したことに言及。「家畜や養殖魚は病気にならないかもしれないが、これらをたくさん食べた人が病気などで必要な時に、(抗生物質に耐性ができてしまうため)抗生物質の効果が得られなくなる」と指摘した。

クリントン氏とトランプ氏のどちらが大統領になってもTPPに賛成する!? 米国では雇用の喪失と賃金低下が懸念され、今は反対しているだけ



記者会見では、雇用への悪影響について、直接的には雇用が失われ、間接的には競争により労働者の権利が弱められ、賃金が引き下げられると説明した。NAFTA(北米自由貿易協定)でもWTOでも米韓FTAでも、すべて労働者に悪影響が出てきたため、米大統領選の主な候補者がTPPに反対を唱えだしている理由だという。

しかし、「次期アメリカ大統領候補のクリントン氏とトランプ氏は、今はTPPに反対しているが、大統領選挙のあとに賛成に回るだろう。連邦議員たちは大企業の強い支援を受けているので、TPPに反対はできない」と見通しを話した

<ここから特別公開中>

また、フロマン米通商代表が昨年12月にナイロビを訪問した際に、「WTOのドーハ・ラウンドはもう関係ない、忘れよう。これからはTPPだ」と発言し、欧州委員会の貿易コミッショナーも同意していたことに触れ、WTOをはじめ、ASEANやRCEPなどの多国間交渉がひっくり返る可能性もあると指摘した。

注:RCEP=東アジア地域包括的経済連携。参加国はASEAN10ヵ国(インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア)と、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドを合わせた計16ヵ国で、第12回交渉会合を、2016年4月24日~29日開催した。

ドーハ・ラウンド。2001年、ドーハで開催されたWTO第4回閣僚会議での「ドーハ開発アジェンダ」のこと。内容は、農業・非農産品の関税引き下げ、サービス貿易の自由化、アンチダンピング・補助金協定から、途上国の開発促進や環境関連物品・サービスの自由化などを交渉するとした。

TPP、本当に日本は被害者なのか? 環境面から見れば、日本の漁業と農業が悪者にも!?


講演会「TPP協定は人々を豊かにするのか? ~貿易にグローバルな民主主義・社会正義を」では、TPP問題に早くから警鐘を鳴らしてきた元衆議院議員の首藤信彦(すとう・のぶひこ)氏も登壇。「アメリカ政府寄りのシンクタンクのピーターソン国際経済研究所や、国際貿易委員会の報告書でさえ、TPPの影響として悲観的な数字を出している。にもかかわらず、日本政府だけがTPPでバラ色の夢を語っている」と指摘した。

さらに、TPPで日本が国際社会に与えるマイナスの影響という、今までとは違った切り口で批判を展開した。

「最近、アメリカでTPPに関する会議に出席してきたが、アメリカ国内でもっとも懸念されているのは、労働問題と環境問題だ。労働で問題になるのは、アップルやグーグル、アマゾンといった企業ではなく、多くの労働者を雇用している中小企業や地方産業。すなわちアメリカの根幹が崩れていく、と言われている。

環境の問題は日本政府やメディアが報じず、なじみがないが、アメリカ最大の環境保護団体シエラクラブは、日本が太平洋で魚を捕りすぎるから太平洋の環境を悪化させているとし、日本の漁業従事者と漁船数の多さが環境悪化を引き起こす原因だと指摘している」

即ち、環境問題は食糧問題や文化摩擦の問題ともつながってゆくのである。

首前氏はまた、「『日本の農家は大量の農薬をアメリカから輸入。米1カロリーに対して1.4カロリーの石油エネルギーを費やしている』と、かねてから批判されているが、環境の面からみると、はたして日本の農業を守れと世界に対して言えるのか」とも述べた。大量の農薬を用いる日本の農業に、大きな批判が寄せられていることも、ほとんどの日本人には初耳ではないだろうか。


グローバル経済へのガバナンスの欠如を語らず、「被害者目線のTPP反対」だけを掲げる日本でいいのか!?


首藤氏は、グローバル経済のガバナンスにおけるTPPの影響について、「TPP参加国で、世界のGDPの38%を占めると政府は誇らしげに書いている。そこに、TTIP(EUと米国間の包括的貿易投資協定)、中国、インドを加えると、世界のGDPの76%になる。だからTPPに入る必要がある、というが、じゃあ残りの24%の国はどうなるのか。TPPに参加することでメリットもあるというが、グローバル経済への加害性について考えたことはあるだろうか」と指摘する。

「日本では、TPPによる国内の損害だけが語られ、それが国際経済にどういう影響を与えるかは、ほとんど議論されない。世界の痛みを知らずに、『日本の農業を守るため』と言っても、どうして世界と連帯できるだろうか」。

また、首藤氏は、経営学の視点が必要だと説く。

バリュー・チェーン(価値連鎖)とサプライ・チェーン(供給連鎖)だ。ただ投資するのではなく、その国の規制をなくし、流通コストを下げることによって、国家間貿易が社内取引に変わるようなこと。この点について、日本人はほとんど理解していない。Amazonなどを見れば明らかだ。とりあえず、今は米大統領選のおかげで急には進まないので、原点からもう一度、しっかり考え直し、国としての対応、国際社会への責任をもう一度考え直すべきだ」。

後任は誰かな(甘利氏辞任)・TPP試算
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

pinella

Author:pinella
日本人はつらいよ
(ほぼ独習用ブログなのでコメントは受け付けてをりません。)

【読み方】
essere(えっせれ)
pinella(ぴねっら)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

安倍政権 安倍晋三 アメリカ TPP 新自由主義 音楽 戦争 ネトウヨ 韓国 原発 日本 イタリア 災害 中国 ロシア 皇室 安全保障 歴史認識 陰謀論 自民党 沖縄 憲法 統一協会 TPA 破壊的カルト 選挙 TV グローバリズム 所感 放射能 書籍 地震 EU 難民 慰安婦問題 経済 天皇 UC ドイツ 歴史 映画 左翼 世界遺産 サッカー 神道 青山繁晴 岸信介 支持率 日本会議 アベノミクス 保守 フランス 改憲 五輪 民主主義 70年談話 福島 洋楽 原爆 国際 愛国 シリア 政治 共産主義 マスメディア 国連 大阪都構想 右翼 TTIP 天皇・皇室 三橋貴明 キリスト教 80年代洋楽 生長の家 軍事 差別 橋下徹 愛国心 移民 事故 共産党 世耕弘成 言語 心理学 原子力 山本太郎 経団連 事件 英語 安保法制 FTA 慰安婦 櫻井よしこ 国際勝共連合 三島由紀夫 EPA 震災 格差 法律 宗教 構造改革 竹中平蔵 大東亜戦争 村山談話 北朝鮮 ソ連 プロパガンダ ポツダム宣言 谷山雄二朗 領土 なでしこジャパン シルバーデモクラシー 河野談話 広島 戦後レジーム 東京五輪 2017衆院選 連合赤軍 発達障害 佐藤栄作 RCEP 洗脳 パリ同時多発テロ 稲田朋美 中東 革命 USA 麻生太郎 ナチスドイツ 2ch 集団的自衛権 FIFA 社会主義 マスコミ 教育 語学 内田聖子 テロ デモ フィギュアスケート 浅田真央 長崎 NHK 明治天皇 縄文 南スーダン 公明党 神話 石破茂 岡本太郎 創価学会 フルベッキ写真 マインドコントロール Fagen Donald 統一教会 AIIB 鈴木邦男 小泉純一郎 嫌韓 山崎雅弘 ショック・ドクトリン 白洲次郎 戦後70年談話 UK 国家 米韓FTA ヒトラー 東京裁判 国家戦略特区 WJFプロジェクト 昭和天皇 バラマキ外交 David Bowie 勝海舟 民主党 ジャパンハンドラーズ 論語 マイケル・ヨン 百田尚樹 美輪明宏 女子W杯 在日 1984年 TiSA 幸福の科学 ISIL ISIS J-POP 歴史的仮名遣 哲学 CM 日本語 台湾 強行採決 報道 被曝 漫画 アニメーション 言論 勝共連合 FTAAP ユダヤ 人権 反日 手塚治虫 ベトナム 動画 NATO 荒らし 精神分析学 貧困 米軍基地 遭難 サイコパス 精神疾患 禅語 福祉 増税 ジャパン・ハンドラーズ 国際化 北朝鮮拉致問題 IMF ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ ASEAN 親米保守 共依存 基地問題 池上彰 アート 森田実 西部邁 美術 リベラルアーツ カトリック 苫米地英人 まとめ 市民団体 ニュージーランド 確証バイアス RSEP 芦部信喜 萩生田光一 戦犯 催眠 エニアグラム 漢文 雷鳴 ヒーリング 癒し ボンボニエール 志位和夫 J.S.Bach G. 愚民化 日本人 OECD I. グルジエフ バッハ マタイ受難曲 クラシック 池田信夫 芸術 西成 エネルギー 自衛隊 アジア 大学 プーチン JAPAN ミャンマー 生活保護 ドヤ街 労働 女性 CETA 甘利明 差別問題 ユダヤ人 イラク 病気 小泉政権 イスラム国 遊郭 火災 偏差値 移民政策 雅楽 柳条湖事件 満州事変 野次 阿比留瑠比 領土問題 電通 辻元清美 APEC 豪州 For Fears 政教分離 パクリ Tears バラマキ WTO 特定アジア 郷土愛 雨音 バカ ゲッベルス 唯物史観 階級闘争 立憲君主制 唯物論 ナチス・ドイツ 日本国憲法 グローバルスタンダード 英国 日本共産党 英国王室 岡田真澄 世阿弥 プーチン大統領 パラオ 慰霊 ブサヨ GMO 道州制 スターリン バラク・オバマ 緊縮財政 出羽守 露西亜 積極的棄権 白票 台風 立憲民主党 Private TEST Music Opera Pavarotti 愛国者 米国 広場 経済格差 片山さつき 西洋かぶれ 神楽 都市計画 大勝利 後藤新平 関東大震災 遺骨収集 松居一代 山崎行太郎 フェイクニュース 国民投票 外国人労働者 アラブの春 ASローマ オペラ 引退 マイケル・グリーン トッティ 移民受け入れ 外国人技能実習制度 クマラスワミ報告書  ムスリム 植民地 加藤談話 イスラム 産業競争力会議 北島康介 カバラ 共謀罪 回天特別攻撃隊 サディスト ナルシスト 極東国際軍事裁判 精神分析 天皇制 内田達樹 スマイリーキクチ ユング 冷戦 サンフランシスコ平和条約 心理 兵庫県知事選 都議選 Queen 加計学園 スノーデン サイバー攻撃 トロール 維新の党 フィリピン 環境音 ハンガリー 悪魔 魔術 天使  競馬 TLC コスモポリタン グローバリスム 文化大革命 国境なき記者団 サヨク ソニー 司馬遼太郎 熊本城 二日市保養所 労働組合 宗像直子 相沢英之 ホンダ 半藤一利 玉音放送 日本財団 万博 ゴルゴ13 文化 タコのパウル 外患誘致罪 小野リサ 明治 高村正彦 マイク・ホンダ 思想 昭和 外務省 佐藤地 古賀茂明 海外報道 小林節 ハンセン病 ギリシャ 売国 ブータン王国 永住権 アスペルガー症候群 JAL JR 芙蓉部隊 九州電力 公害 エノケン 特攻 野田佳彦 補正予算 スポーツ 安保法案 水俣病 The Police カヒミ・カリィ ミラノ万博 紫舟 古事記 ネトウヨ心理学 大河ドラマ Sting 佐野研二郎 仏教 時代劇 国歌 クルーグマン 村山富市 河野洋平 スティグリッツ マイナンバー w杯 和田稔 DV ハーグ条約 公用語 全国戦没者追悼式 ムッソリーニ 公共放送 スイス 祝祭日 日独伊三国軍事同盟 第二次世界大戦 DNA 御製 レジスタンス 内部留保 官製相場 カーディガンズ 日本国憲法無効論 武士道 新渡戸稲造 吉水神社 ナオミ・クライン ソクラテス SADE 横須賀 ウィキリークス 特撮 ボサノヴァ 労働者派遣法改悪 警察 在特会 環境省 絶望国家法案 犯罪 地方自治 MERS 年金 佐藤優 宮内庁 伊勢神宮 スターバックス すなば珈琲 鳥取県 出雲大社 ロック 着物 国語改革 野球 旧仮名遣 バチカン W杯 大平正芳 阿川泰子 三田工業 トルコ ローマ UEFAチャンピオンズリーグ ネトサポ 消費税 GODIEGO 朴槿恵 世界文化遺産 國母和宏 もんじゅ マンガ スコッツボローガールズ 和田秀樹 オランダ 改正公職選挙法 美空ひばり サミット 女子W杯2015 ギリシャ神話 報道規制 ノン・デュアリティ 藤井聡 植村隆 侵略 聖書 田村耕太郎 日砂恵ケネディ 在韓米軍 トクマ 主権者教育 日韓基本条約 カヒミ・カリイ 東谷暁 岩田規久男 中原圭介 除染 パソナ 世界日報 ヒラリー・クリントン 労働者派遣法 内田樹 白井聡 ヒトラー・ユーゲント 原子爆弾 鳩山由紀夫 田勢康弘 オウム 労働者派遣法改正案  佛教  松原みき 

RSS

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
94位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンク