TPP/米大統領選後


必読。

感染注意!「対案を出せ」病が蔓延中: 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

TPP  まだ会期延長がある: 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

加速する日米FTA: 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

TPPは日米FTAへの撒き餌だった: 街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

トランプ氏がどうするかは不明なれど、上記記事を読んでから以下の記事を読むと、あらためて、完全に、米国側から見たら「カモネギ操り人形」、日本国民にとつては「変態級の売国奴」・「筋金入りの売国奴」にしか見えないんだけど。
またはただのスネ夫
首相、米にTPP承認促す 参院で法案審議入り - 共同通信 47NEWS

2016/11/11 11:55

 参院本会議は11日、今国会の焦点の環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の趣旨説明と質疑を行い、審議入りした。安倍晋三首相は質疑で、各国に対し「早期に国内手続きの完了を働き掛ける」と述べ、脱退を掲げるトランプ氏の大統領就任が決まった米国にもTPP承認を促す考えを示した。首相は17日にニューヨークでトランプ氏と会談する予定で、TPPなどを巡る協議が焦点となる。

 野党からは発効が見通せない中、承認を急ぐ与党と政府の姿勢に批判が集中したが、安倍首相はTPP承認で各国の出方を受け身で待つのではなく「わが国が主導することで早期の発効機運を高めたい」と反論した。

故事成語を持ち出すまでもなく、韓国を嘲笑したり、中韓のみを敵視したりしてゐる間に、こんなんですわ。
要はよそ見してゐる場合ではないわけで。

11/14 丁度いいの見つけました。


以下、スクラップ。
TPP、参院で審議入り トランプ氏対応巡り攻防 - 共同通信 47NEWS

2016/11/11 18:36

 環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案が11日、参院本会議で審議入りした。TPPはトランプ氏の米大統領選勝利で発効そのものに暗雲が漂っているが、政府、与党は早期の承認を目指す姿勢を崩さず、協定の意義を強調した。民進党など野党は、政権に軌道修正を求めたが、政府は従来の主張を踏襲した答弁に終始し、論戦は平行線をたどった。

 共産党の紙智子氏は「審議を進める前提が崩れた」と指摘。次期政権の方針を見極めることが先決とも迫った。

 安倍首相は「わが国が協定承認し、自由で公正な貿易・投資ルールをけん引する意思を示せば保護主義のはびこりを食い止める力になる」と述べた。

安倍首相、保護主義阻止訴え=参院審議「消化試合」も-TPP:時事ドットコム

 環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の参院審議が11日始まった。「トランプ米大統領」の下で協定発効が困難視される中、安倍晋三首相は保護主義阻止の立場から早期承認を訴えた。野党は承認阻止を掲げるものの、数の力にはあらがえず、参院の存在意義を問われる自然承認も容認できない。結果として審議促進に協力せざるを得ず、参院審議は「消化試合」になりかねない。
 「わが国が協定を承認し、自由で公正な貿易をけん引する意志を示せば、保護主義のまん延を食い止める力になる」。首相は11日の参院本会議で、TPP離脱を公約したドナルド・トランプ氏が米次期大統領に決まったことを踏まえ、日本が率先してTPPを承認する意義を繰り返した。
 首相は「あらゆる機会を捉えて、米国などに国内手続きの早期完了を働き掛けていく」と、発効を諦めない姿勢を強調した。だが、17日にトランプ氏と会談する約束を取り付けたとはいえ、同氏が来年1月20日の就任と同時に実行に移すと明言する「目玉公約」は覆しようもない。
 野党は、発効が見通せないTPPに固執する首相への批判を強めている。参院本会議で、民進党の浜口誠氏は「軌道修正せず手続きを進めることは理解できない」、共産党の紙智子氏は「審議を進める前提が崩れた」と主張。民進党の江田憲司代表代行は記者会見で「安倍政権は国会審議の優先順位を完全に間違っている」と断じた。(2016/11/11-18:11)

【社説】TPP衆院通過 どれほど意味があるか - 中国新聞

<TPP衆院通過>拙速採決 生産者ら不信感 - 河北新報

TPP批准なぜ急ぐ 青森県南農家ら、拙速審議に憤り - デーリー東北

岩手県議会、TPPに反対意見書 賛成多数で可決 - 共同通信 47NEWS

失礼ながら、TPPをよくご存じない方々なのだらうか…スズキのことはよくわかりませんが。
TPP衆院通過 県内企業などから歓迎の声 :静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)
米国の代わりに中ロ、新TPP案 ペルー大統領 - 共同通信 47NEWS

2016/11/12 08:48

 【ブエノスアイレス共同】ペルーのクチンスキ大統領は11日までに、米大統領選で、環太平洋連携協定(TPP)からの脱退を訴えてきたトランプ氏が勝利したことを受けて、米国の代わりに中国やロシアを加えた新しい協定をつくることも可能との考えを示した。ロシアのメディアのインタビューに答えた。

 クチンスキ氏はまた、トランプ氏が、米国への移民流入を防ぐためメキシコとの国境に壁を建設すると主張していることを批判。国連などを通じて反対していく考えを表明した。

米国抜きの「新TPP」を=中ロ参加の枠組み提案-ペルー大統領:時事ドットコム

 【サンパウロ時事】ペルーのクチンスキ大統領は11日、環太平洋連携協定(TPP)の離脱を宣言するトランプ氏が米大統領選で勝利したことを受け、米国を外した新たな環太平洋地域の経済連携協定の構築に関心を示した。ペルー国営通信社が報じた。
 クチンスキ氏は、ロシアメディアのインタビューに対し、TPPの代わりに「米国抜きの新たな枠組みを構築することは可能だ」と指摘。「中国とロシアが参加すれば最良のものになる」と語った。(2016/11/12-08:24)

11月13日追記。
このことかな。
プーチン大統領、ユーラシア経済連合、中国などを入れた大ユーラシア・パートナーシップの創設を呼びかけ
オバマ氏、TPP承認断念 米報道、トランプ氏勝利で - 共同通信 47NEWS

2016/11/12 11:09

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は11日、米政府が来年1月までのオバマ大統領の任期内に環太平洋連携協定(TPP)の議会承認を獲得することを断念したと報じた。

 協定に反対する共和党のトランプ氏が勝利したことを受けて、米議会の共和、民主両党首脳部が承認手続きを進める意向はないと政権側に伝えたためとしている。

 オバマ氏はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が今月開催されるペルーで、TPP参加国首脳と会談する予定で、大統領選後の状況について説明する。

オバマ政権、TPP断念=発効は絶望的に-米報道:時事ドットコム

 【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは11日、オバマ米政権が来年1月までの任期中の環太平洋連携協定(TPP)の議会承認取得を断念したと報じた。次期大統領に決まった共和党のドナルド・トランプ氏は「TPP離脱」を掲げており、現状での協定の発効は絶望的になった。
 オバマ大統領はこれまで、任期中にTPP実施法案を議会に提出し、承認を得たい考えを示してきた。しかし、TPPを激しく批判するトランプ氏が大統領選で勝利し、多数派の共和党上院トップが9日、年内の審議を見送る意向を表明していた。
 米議会の通商顧問は時事通信の取材に「実施法案は用意できており、政治決断があれば提出できる」と語ったが、上下両院指導部の同意を得るのは難しいとみられる。また、バイデン副大統領の前経済顧問は11日、ツイッターに「信頼できるさまざまな情報源が『オバマ大統領は議会からの承認取得を目指さないだろう』と語った」と投稿した。同紙は同様の情報に基づき「断念」を報じたようだ。
 一方、ローズ大統領副補佐官は11日の会見で、オバマ大統領が来週末に訪れるペルーでTPP参加国と協定の必要性を確認する方針だと述べた。経済、戦略上重要なアジア太平洋地域に「次期大統領、議会も焦点を当てていく必要がある」とした。(2016/11/12-10:49)



トランプ氏、会談を受け軌道修正 オバマケアの一部維持も - 共同通信 47NEWS

2016/11/12 08:39

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利した共和党のトランプ氏は、オバマ民主党政権が推進した医療保険制度改革(オバマケア)を全廃せず、一部を維持することを前向きに検討すると明らかにした。トランプ氏はこれまでオバマケアを撤廃すると述べていたが、オバマ大統領との10日の会談を受け軌道修正した。ウォールストリート・ジャーナル紙電子版が11日、インタビューを伝えた。

 トランプ氏が勝利後にメディアのインタビューに答えたのは初めて。大統領就任後に優先的に取り組む政策として、医療保険制度のほか、金融制度の規制緩和や国境管理強化に意欲を示した。

オバマケアの一部維持検討=トランプ氏、撤廃公約修正も-米:時事ドットコム

 【ワシントン時事】米国の次期大統領に就任する共和党のドナルド・トランプ氏は、オバマ大統領のレガシー(政治的遺産)の一つである医療保険制度改革(オバマケア)について、一部を維持することも検討する考えを明らかにした。ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)が11日に掲載したインタビューで語った。トランプ氏の単独インタビューは当選後初めて。
 オバマケアは国民皆保険を目指し、オバマ氏が2010年の立法により導入。ただ、保守層の間で批判が強く、トランプ氏は撤廃を公約していた。インタビューでの発言は公約修正に柔軟な姿勢を示したもので、民主党などからは他の分野での軟化を期待する声も上がりそうだ。
 ジャーナル紙によると、トランプ氏はインタビューで、オバマケアの見直しに早急に取り組む考えを表明。ただ、健康状態を理由に保険契約を拒否することを禁止する条項などは「とても好きだ」と述べ、存続を検討する考えを示した
 トランプ氏は10日にオバマ氏と会談した際、撤廃を再考するよう求められ、「敬意を表して提案を検討する」と応じたという。
 トランプ氏は就任後数週間の優先課題として、オバマケアに加え、金融規制の緩和と国境警備の強化を挙げた。また、「私は国民がお互いに愛し合う国にしたい」と述べ、国民の団結を目指す考えを強調した。(2016/11/12-09:07)

米国民の8割超「受け入れる」 トランプ氏勝利の選挙結果 - 共同通信 47NEWS

2016/11/12 08:28

 【ワシントン共同】米ギャラップ社は11日、共和党のトランプ氏が勝利した大統領選の結果について、米国民の84%が受け入れると回答した世論調査結果を発表した。

 トランプ氏の勝利に反発するデモが全米各地で起き、参加者の一部が暴徒化。大統領選の結果に強い拒絶感も表れているが、今回の調査に対してトランプ氏を正当な大統領として認めないと答えたのは15%だった。

 調査は投開票翌日の9日に全米の18歳以上の約500人に電話で実施した。

トランプ氏勝利に全米で抗議続く 「私たちの大統領でない」 - 共同通信 47NEWS

2016/11/11 12:46

 【ロサンゼルス共同】「ノー、トランプ!」「私たちの大統領じゃない」。米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことを受け、9日から10日にかけて全米各地で抗議デモが続いた。一部では参加者が暴徒化し、逮捕者も出た。

 ニューヨークでは10日、200人以上がマンハッタンを歩きながら抗議。9日夜から10日にかけては、トランプ氏の住居があるトランプタワー周辺に約5千人が集まった。

 ロサンゼルスでは10日、市庁舎前に約300人の高校生が集まり、プラカードを掲げて抗議活動を行っていた。

 カリフォルニア大ロサンゼルス校などでもデモが行われた。

連日のデモ、暴動も=批判一転、情熱たたえる-トランプ氏:時事ドットコム

 全米の各都市に広がったドナルド・トランプ氏の大統領選勝利に抗議するデモは前日に続き、10日も行われた。西部オレゴン州ポートランドでは、デモ隊が車両を壊すなど暴徒化し、地元警察は「暴動」と宣言した。

【特集】米大統領選~最新ニュース、ビジュアル解説~

 CBSテレビなどによると、デモは10日もペンシルベニア州フィラデルフィアやカリフォルニア州オークランドなどの都市で数百人から数千人規模で行われた。大半の都市でデモは平和裏に行われたが、ポートランドでは、デモ隊が壁に落書きしたり、警官に物を投げたりして暴徒化。警察は唐辛子スプレーやゴム弾を使用して対応し、26人を逮捕した。
 こうした中、トランプ氏は10日夜、ツイッターで、「プロのデモ隊がメディアに扇動され、デモを行っている。全く不公平だ」と反発。しかし、この約9時間後の11日朝には「デモ隊の偉大な私たちの国に対する情熱」とたたえた上で、「団結し、誇りを持とう」とつぶやき、批判路線から一晩で軌道修正した。(2016/11/11-22:31)

日米同盟強化を重視、中国に対抗 日本の関与拡大要請か - 共同通信 47NEWS

2016/11/12 08:43

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利した共和党トランプ氏の安全保障顧問は、次期政権のアジア外交方針について、中国に対抗するため日本との関係を重視し「アジアでの日本の積極的な役割」を求める考えを明らかにした。ロイター通信が11日伝えた。中国が急速に軍拡を進め、東シナ海や南シナ海で海洋進出を強める中、日本に安全保障面での関与拡大を求める可能性がある。

 安倍晋三首相は17日にトランプ氏とニューヨークで会談する予定。大統領選直後の異例の早期訪米で信頼関係を築く方針だ。

 ただ、トランプ氏はこれまで日本や韓国などの同盟国に防衛費の負担増を求めるべきだと主張している。

首相、トランプ氏17日会談へ NYで、米軍駐留経費など焦点 - 共同通信 47NEWS

2016/11/10 13:55

 安倍晋三首相は10日、米大統領選に勝利した共和党のトランプ氏と電話会談し、米ニューヨークで今月17日に会談する方向で調整を進めることで合意した。萩生田光一官房副長官が官邸で記者団に明らかにした。首相はトランプ氏に祝意を表明。両氏はアジア太平洋地域の平和と繁栄の確保に向け、日米同盟強化を確認した。今月中旬にペルーで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への出席に先立ちニューヨークを訪問する意向だ。

 トランプ氏が大統領選期間中、脱退を主張していた環太平洋連携協定(TPP)や、在日米軍駐留経費(思いやり予算)の負担増を巡る協議が焦点となる。

【首相トランプ氏と会談へ 社説・論説】 東奥日報 信濃毎日新聞 山陽新聞 山陰中央新報 : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)

安倍首相が「正論大賞」に駆けつけた理由…受賞者のアメリカ人は安倍を操る“ジャパンハンドラー”だった!|LITERA/リテラ
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

pinella

Author:pinella
日本人はつらいよ
(ほぼ独習用ブログなのでコメントは受け付けてをりません。)

【読み方】
essere(えっせれ)
pinella(ぴねっら)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

安倍政権 安倍晋三 アメリカ TPP 新自由主義 音楽 戦争 ネトウヨ 韓国 原発 日本 イタリア 災害 中国 ロシア 皇室 安全保障 歴史認識 陰謀論 自民党 沖縄 憲法 統一協会 TPA 破壊的カルト 選挙 TV グローバリズム 所感 放射能 書籍 地震 EU 難民 慰安婦問題 経済 天皇 UC ドイツ 歴史 映画 左翼 世界遺産 サッカー 神道 青山繁晴 岸信介 支持率 日本会議 アベノミクス 保守 フランス 改憲 五輪 民主主義 70年談話 福島 洋楽 原爆 国際 愛国 シリア 政治 共産主義 マスメディア 国連 大阪都構想 右翼 TTIP 天皇・皇室 三橋貴明 キリスト教 80年代洋楽 生長の家 軍事 差別 橋下徹 愛国心 移民 事故 共産党 世耕弘成 言語 心理学 原子力 山本太郎 経団連 事件 英語 安保法制 FTA 慰安婦 櫻井よしこ 国際勝共連合 三島由紀夫 EPA 震災 格差 法律 宗教 構造改革 竹中平蔵 大東亜戦争 村山談話 北朝鮮 ソ連 プロパガンダ ポツダム宣言 谷山雄二朗 領土 なでしこジャパン シルバーデモクラシー 河野談話 広島 戦後レジーム 東京五輪 2017衆院選 連合赤軍 発達障害 佐藤栄作 RCEP 洗脳 パリ同時多発テロ 稲田朋美 中東 革命 USA 麻生太郎 ナチスドイツ 2ch 集団的自衛権 FIFA 社会主義 マスコミ 教育 語学 内田聖子 テロ デモ フィギュアスケート 浅田真央 長崎 NHK 明治天皇 縄文 南スーダン 公明党 神話 石破茂 岡本太郎 創価学会 フルベッキ写真 マインドコントロール Fagen Donald 統一教会 AIIB 鈴木邦男 小泉純一郎 嫌韓 山崎雅弘 ショック・ドクトリン 白洲次郎 戦後70年談話 UK 国家 米韓FTA ヒトラー 東京裁判 国家戦略特区 WJFプロジェクト 昭和天皇 バラマキ外交 David Bowie 勝海舟 民主党 ジャパンハンドラーズ 論語 マイケル・ヨン 百田尚樹 美輪明宏 女子W杯 在日 1984年 TiSA 幸福の科学 ISIL ISIS J-POP 歴史的仮名遣 哲学 CM 日本語 台湾 強行採決 報道 被曝 漫画 アニメーション 言論 勝共連合 FTAAP ユダヤ 人権 反日 手塚治虫 ベトナム 動画 NATO 荒らし 精神分析学 貧困 米軍基地 遭難 サイコパス 精神疾患 禅語 福祉 増税 ジャパン・ハンドラーズ 国際化 北朝鮮拉致問題 IMF ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ ASEAN 親米保守 共依存 基地問題 池上彰 アート 森田実 西部邁 美術 リベラルアーツ カトリック 苫米地英人 まとめ 市民団体 ニュージーランド 確証バイアス RSEP 芦部信喜 萩生田光一 戦犯 催眠 エニアグラム 漢文 雷鳴 ヒーリング 癒し ボンボニエール 志位和夫 J.S.Bach G. 愚民化 日本人 OECD I. グルジエフ バッハ マタイ受難曲 クラシック 池田信夫 芸術 西成 エネルギー 自衛隊 アジア 大学 プーチン JAPAN ミャンマー 生活保護 ドヤ街 労働 女性 CETA 甘利明 差別問題 ユダヤ人 イラク 病気 小泉政権 イスラム国 遊郭 火災 偏差値 移民政策 雅楽 柳条湖事件 満州事変 野次 阿比留瑠比 領土問題 電通 辻元清美 APEC 豪州 For Fears 政教分離 パクリ Tears バラマキ WTO 特定アジア 郷土愛 雨音 バカ ゲッベルス 唯物史観 階級闘争 立憲君主制 唯物論 ナチス・ドイツ 日本国憲法 グローバルスタンダード 英国 日本共産党 英国王室 岡田真澄 世阿弥 プーチン大統領 パラオ 慰霊 ブサヨ GMO 道州制 スターリン バラク・オバマ 緊縮財政 出羽守 露西亜 積極的棄権 白票 台風 立憲民主党 Private TEST Music Opera Pavarotti 愛国者 米国 広場 経済格差 片山さつき 西洋かぶれ 神楽 都市計画 大勝利 後藤新平 関東大震災 遺骨収集 松居一代 山崎行太郎 フェイクニュース 国民投票 外国人労働者 アラブの春 ASローマ オペラ 引退 マイケル・グリーン トッティ 移民受け入れ 外国人技能実習制度 クマラスワミ報告書  ムスリム 植民地 加藤談話 イスラム 産業競争力会議 北島康介 カバラ 共謀罪 回天特別攻撃隊 サディスト ナルシスト 極東国際軍事裁判 精神分析 天皇制 内田達樹 スマイリーキクチ ユング 冷戦 サンフランシスコ平和条約 心理 兵庫県知事選 都議選 Queen 加計学園 スノーデン サイバー攻撃 トロール 維新の党 フィリピン 環境音 ハンガリー 悪魔 魔術 天使  競馬 TLC コスモポリタン グローバリスム 文化大革命 国境なき記者団 サヨク ソニー 司馬遼太郎 熊本城 二日市保養所 労働組合 宗像直子 相沢英之 ホンダ 半藤一利 玉音放送 日本財団 万博 ゴルゴ13 文化 タコのパウル 外患誘致罪 小野リサ 明治 高村正彦 マイク・ホンダ 思想 昭和 外務省 佐藤地 古賀茂明 海外報道 小林節 ハンセン病 ギリシャ 売国 ブータン王国 永住権 アスペルガー症候群 JAL JR 芙蓉部隊 九州電力 公害 エノケン 特攻 野田佳彦 補正予算 スポーツ 安保法案 水俣病 The Police カヒミ・カリィ ミラノ万博 紫舟 古事記 ネトウヨ心理学 大河ドラマ Sting 佐野研二郎 仏教 時代劇 国歌 クルーグマン 村山富市 河野洋平 スティグリッツ マイナンバー w杯 和田稔 DV ハーグ条約 公用語 全国戦没者追悼式 ムッソリーニ 公共放送 スイス 祝祭日 日独伊三国軍事同盟 第二次世界大戦 DNA 御製 レジスタンス 内部留保 官製相場 カーディガンズ 日本国憲法無効論 武士道 新渡戸稲造 吉水神社 ナオミ・クライン ソクラテス SADE 横須賀 ウィキリークス 特撮 ボサノヴァ 労働者派遣法改悪 警察 在特会 環境省 絶望国家法案 犯罪 地方自治 MERS 年金 佐藤優 宮内庁 伊勢神宮 スターバックス すなば珈琲 鳥取県 出雲大社 ロック 着物 国語改革 野球 旧仮名遣 バチカン W杯 大平正芳 阿川泰子 三田工業 トルコ ローマ UEFAチャンピオンズリーグ ネトサポ 消費税 GODIEGO 朴槿恵 世界文化遺産 國母和宏 もんじゅ マンガ スコッツボローガールズ 和田秀樹 オランダ 改正公職選挙法 美空ひばり サミット 女子W杯2015 ギリシャ神話 報道規制 ノン・デュアリティ 藤井聡 植村隆 侵略 聖書 田村耕太郎 日砂恵ケネディ 在韓米軍 トクマ 主権者教育 日韓基本条約 カヒミ・カリイ 東谷暁 岩田規久男 中原圭介 除染 パソナ 世界日報 ヒラリー・クリントン 労働者派遣法 内田樹 白井聡 ヒトラー・ユーゲント 原子爆弾 鳩山由紀夫 田勢康弘 オウム 労働者派遣法改正案  佛教  松原みき 

RSS

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
94位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンク